債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理をすると住宅ローンはどうなるの?

自分ではどうしても返済できない借金を背負ってしまった場合、解決するには債務整理しかありません。

 

任意整理や個人再生といった債務整理を検討し、それでも借金を返済する事は出来ないと判断したら、多くの方が自己破産による債務整理を選ぶようです。

 

自己破産はそれまでの借金返済義務が無くなり、実質借金がゼロになる債務整理です。

 

ですので金銭的な負担は大きく解消できますし、自己破産を申し立てした時点で債権者は督促する事が出来なくなる為、厳しい取り立てに合っていた方は自己破産する事で精神的な負担も軽減できるでしょう。

 

自己破産は借金に困っている方を助ける為の制度ですが、はやり借金を整理する事で社会的なデメリットやペナルティーは生じてしまうので、その点は考慮する必要があります。

 

自己破産を行う事で起こるデメリットに、住宅ローンが組めなくなるという事が挙げられます。

 

自己破産を行うと信用情報機関、俗に言われるブラックリストに借金を整理した事が登録されてしまいます。

 

すると社会的な信用は失われてしまい、住宅ローンを初めとする様々なローンを組めなくなるのです。

 

しかし、一生住宅ローンを組めないという事はなく、自己破産の場合平均して約7年から10年ほど経てば、住宅ローンや他のローンも組めるようになりますよ。