債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理とは<自分にあった借金解決の仕方>

債務整理とは、借金をした人が何らかの方法で返済が出来なくなってしまった時に返済できるようにする方法です。

 

返済に困った末に破産を選択する人が多いですが、債務整理という言葉があまり知られていない為に選択してしまうことがあります。

 

返済に困ったらまずは債務整理をしましょう。では、どういう流れで行うのでしょうか。

 

まずは、弁護士に相談し、借入先に受任通知を送ってもらいます。これは借金に関しての窓口を全て弁護士にするという通知です。

 

これでひとまず安心です。次に、受任通知を送る際に併せて請求する、過去の取引や残額の書類を元に引き直し計算がされます。

 

これは、消費者金融などに多い過利息の確認やその後の残額を計算し直す方法です。

 

これで法で定められた利息による返済の残高が分かります。続いて債務整理に方針を決めます。

 

消費者金融などは分割の返済を3年までとすることが多い為、36回分割返済が出来るかどうかを決めます。

 

返済方法は任意返済と個人再生があります。任意返済はそのまま決めた方法で返済をしていきますが、個人再生は裁判所を通します。

 

もしそれでもどうしても返済が無理だということになれば、そこで最終的に破産を選択することになります。