債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理したら奨学金は諦める?

昨今の就職難で非正規雇用の若者が増えている中、大学卒業後に奨学金が返済出来ないケースも増加傾向にあります。奨学金は、名前だけ聞いてもあまり実感がわきませんが、その実態は立派なローンであり、大学卒業後には必ず返済の義務が生じます。また、一般的なローンと同様に毎月の返済額に利息が加算されるため、実際の返済額は借りた時よりも高くなります。このように、奨学金は形を変えた借金のため、大学卒業後に正規雇用の仕事に就くことができず、奨学金の返済が滞ってしまう人も少なくありません。奨学金の返済が滞ってしまうと、通常のローンと同様に督促が来るようになり、3ヶ月以上返済を滞納した場合は自分の信用情報に事故情報としてこの事実が記載されてしまいます。こうなってしまうと、今後10年前後は新たなローンを組んだり、クレジットカードを作る事が難しくなります。どうしても奨学金を返済する事ができない場合は、債務整理を行うのも一つの手段です。債務整理を行う際は、本人の収入状況や借金の額などを考慮した上で、その人に最適な手段を選択します。奨学金を借りる際は、必ず保証人をつける必要があるため、債務整理を行った後は保証人に返済の義務が生じてしまいます。そのため、仮に債務整理を行って本人に返済義務がなくなったとしても、保証人に返済の義務が移るだけのため、保証人自身が返済が困難の場合は保証人も債務整理を行わなければならなくなります。