債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理は2回目も出来るのかどうか

債務整理には自己破綻や任意整理、個人再生や特定整理などの手段があります。借金による困窮度が低い場合には任意整理を選び、高くなるにつれて特定調停や個人再生、自己破綻の順に選びます。それぞれの事情や経済状況などに合わせて、整理方法を選びます。分からないことや2回目であれば司法書士や弁護士などの法律家に相談して、最も適している方法を選ぶことが大切です。
比較的借金に対して困ったことがないときには、任意整理を選択します。任意整理は話し合いによって借金を整理し、借金の総額が少ない場合に選びます。連帯保証人がいる場合や借り手と貸手が友人関係など特別な事情がある場合、破綻者にはなりたくないという倍にはこの方法を選びます。また自己破綻が出来ない状況でも、この方法をとることが大切です。債務整理で特定調停を選択するときには、話し合いで解決することが出来る場合に選択します。経済的に破綻の恐れがあり、話し合いで解決したいという人に向いている方法です。あくまでも話し合いでの解決なので、話し合いが出来ない状態なら選択しない方がいいです。個人再生は再生計画案を提出し、それが認められると計画案の通りに借金を返済します。さらに残りの借金は免除され、住居もなくすことなく手続きを行うことが出来ます。自己破産を選んだときには、破産宣告を受けます。破産宣告を受けると破産者となり、手続きで免責を受けて借金を免除してもらいます。
2回目の債務整理では消費者金融が和解を避けることがあるので、裁判所で行われる個人再生や自己破綻を選びます。2回目の債務整理でも、比較的簡単に整理することが出来ます。