債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理後に借入は二度と出来ない?

お金に困った時には金融機関からの借入が利用される事が多々ありますが、その際には全額返済できる方もいれば、返済できずに借金に困っているという方も少なくありません。
返済に努力しても利子などによって総額が全然減っていかない事もあるものですが、そんな時には債務整理の手続きで対策する事も可能です。
司法書士や弁護士の力を借りて行う手続きですが、債務整理を行えば借金の総額を減らしてもらう事ができたり、返済期間を延ばしてもらう事も可能になります。
また、手続きによっては借金自体を免除してもらう事も可能ですので、借入によって苦しんでいる際に手続きをされる方も珍しくありません。
ただし、債務整理を行った事によって生じるデメリットもあります。
時にはその後の生活に大きな影響を与えてしまう事もありますので、よくデメリットも理解した上で手続きを行う事が大切と言えます。
債務整理のデメリットとしては、まず新規の借入を行う事ができなくなります。
債務整理をした方というのはブラックリストに載せられてしまいますので、手続きをした後にクレジットカードを作りたいと思ったり、住宅ローンなどを組みたいと思っても申請が通らなくなってしまいます。
ブラックリストにはずっと載ってしまう訳ではありませんが、大体5年~10年程度は情報が保持される事になります。
他にも行う債務整理の種類によっては就職の際にも不利になります。
場合によっては警備員などの職業には就けなくなってしまうのです。