債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理は条件が満たせないと出来ません

債務整理には任意整理、個人再生、特定調停、自己破産と言った4種類の方法が有ります。
借金返済が困難になった時に行うのが債務整理なのですが、どの方法で行うのかは債務者の状態や借金の額などの条件により方法が定められて行く事になるのが特徴です。

任意整理と言うのは、債権者との話し合いを行って借金の額を減額する事と、将来にわたる利息を減らす事で債務を整理していく方法です。
減額した後の債務は、一定期間の中で返済をしていく必要が有りますので、任意整理の場合は返済能力を有している事が条件になるのです。

尚、任意整理では不動産を所有していても、売却する必要が無いのが特徴でもあるのです。

住宅を所有している人の中で返済能力が著しく低い場合に利用される債務整理が個人再生です。

個人再生は裁判所に対し、再生の申し立てを行う事から始めます。
この再生の申し立ては、再生計画と呼ばれるもので、借金を減額し、残りの債務を一定期間で返済を行うと言う物で、住宅を所有している場合、住宅を処分する事無く借金を整理する事が出来るのです。

また、個人再生では原則して債務が5分の1まで減額され、減額された借金を3年から5年と言う期間で返済をしていく方法となります。

自己破産は、個人再生と同じく裁判所に対し申し立てを行い、裁判所が免責許可を下した場合に破産の手続きを行い、全ての債務がゼロになると言う債務整理で、住宅を所有している場合は住宅を手放さなければならないと言った条件が有るのです。