債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

どの債務整理が1番おすすめ?【状況別紹介】

債務整理は借金問題を法律的に解決する方法です。

 

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの方法がありそれぞれ特徴が違います。

 

任意整理では過去に利息制限法の上限を超えて借りていた場合は、払い過ぎた利息分が返還され、それだけ借金が減額されます。

 

将来利息のカット、3年での分割支払いにも応じてくれるよう債権者と任意で交渉します。

 

連帯保証人を立ててある債務は外すといった、債権者を選んで任意整理することも可能です。特定調停では裁判所に申し立てを行い、調停委員が間に入って債権者との返済条件の調整や交渉を行います。債権者と債務者の直接交渉はありません。

 

申し立て手続きが簡単ですし、申立手数料として収入印紙代500円と郵便切手代のみの実費費用で申し立てが行えます。

 

任意整理同様、払い過ぎた利息分が返還され、それだけ借金が減額されます。

 

個人再生では裁判所に再生計画案を提出し、大幅に借金減額を認めてもらえます。

 

住宅ローンの残高や毎月の返済額はそのままを条件に、マイホームを差し押さえられることがありません。任意整理、特定調停より借金の減額が大きいです。

 

自己破産では裁判所に申し立てを行い、すべての債務の返済を免除してもらいます。

 

その代わりにマイホームや土地など換価できる財産は差し押さえされます。

 

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産ともにブラックリストに掲載され、しばらく金融機関から融資が受けられないデメリットがあります。