債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理の種類<任意整理について>

任意整理とは、利息付の借金返済が苦しい時に選択できる債務整理の中の1つの方法であり、今抱えている債務元本を確実に軽減する事ができます。

 

任意整理の特長は裁判所に申し立てをする自己破産や個人再生とは違い、裁判手続きを必要としない手続きになり、それぞれの銀行や貸金業者等の債権者と利息無しの債務減額や月々の支払額の負担を軽くする交渉を行います。

 

任意整理に適性のある債務者は、貸金業法の改正前から消費者金融などから専ら高い利子で借金し続けていた人が恩恵を受けやすいという事です。

 

ずっと高い利息で借金契約していた恐れのある人は、利息制限法に従った引き直し計算をする事で、支払い過ぎた利息分を残りの借金返済に充てる事ができます。

 

また同じ貸金業者から5年間位借り入れ・返済を繰り返してきた場合は、任意整理と並行しながら、払い過ぎていた借金を一部取り戻せる過払い金の請求もできます。

 

何と言っても、任意整理する事で得られるメリットは、債務返済するにあたって今後の利息カットを約束されるという事です。

 

そして任意整理のもう1つの長所は、借金返済がままならない特定の債権者だけを選択して、部分的に借金整理ができる点です。

 

一部だけの借金整理ができる事から、自己破産や個人再生をした時に被る罰則は非常に少なく、裁判所の介入が無い分、手続き費用も一番リーズナブルです。

 

但し任意整理ができるのは、幾ら借金返済ができなくて困っていても、反復的な定期収入のある人で残額の債務元本を3年程度で完済できる人に限りますので、その点も留意した上で弁護士に相談してみましょう。