債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理のデメリットについて<債務整理前に必読>

商売や借金などで、お金の返済ができなくなった場合に行う「債務整理」。

 

貯まった債務が一挙に精算できる最後の手段ですが、メリットもあればデメリットもあります。まず、債務整理には2つの種類があることを覚えておきましょう。

 

それは「自己破産」と「個人再生」です。

 

■自己破産のデメリット・借金を帳消しにできるがブラックリストに載る・会社員であった場合、社長宛に給料差し押さえの通知が届く・99万円を超える現金、車、家などが差し押さえの対象となる・引っ越しや旅行に関して裁判所の許可が必要となる・官報に名前が載る

 

■個人再生のデメリット・500万円までの借金を5分の1にできるが、借金はなくならない・個人再生を行うことができるのは、定期的に収入が入ってきており、返済計画が立てられる人のみ・5~10年間はカードを作ることができなくなる・官報に名前が載るこういったデメリットが存在します。

 

もちろんメリットは自己破産の場合、「借金が帳消しになる」ことですし、個人再生は「借金が5分の1になる」ことですが、何よりも他人に迷惑をかけてしまうといったことがあります。

 

ご自分の借金の状況によって生活を軽くするための最後の手段と考え、実行される前にはよく考えてから行うようにしましょう。