債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

債務整理後ではクレジットカードは使えない?

債務整理というのは、必ずしも全て抱えている債務を整理するとは限りません。

 

中には、暫く使用していなかったクレジットカードやローンカードだって存在する可能性もあり、これらは勿論債務整理の対象から外れる訳です。

 

たとえ債権先を選んで借金整理をする任意整理や、免責対象になる債務をゼロにする自己破産を適用したとしても、長らく利用していないクレジットカードまで契約解除する必要はありません。

 

クレジットカードを利用する事はともかく、債務整理した記録が個人信用情報に掲載された事実だけで、今あるクレジットカードを手放す必要は全くありません。

 

但し、債権先にクレジットカード会社が含まれる場合は、信用を傷つけられたとして半永久的に該当カードが利用停止されるケースが多く、解約を迫られる事にもなるでしょう。

 

ですから、もし新たにクレジットカードを作ろうと思えば、債務整理をした後の5~7年は個人信用情報機関から事故情報は消えないだろうと承知し、新規契約は難しいと思って下さい。

 

但しその期間以降は、過去の債権先以外の信販会社なら、カードの新規申込・審査を受け付けてもらえるケースがあります。

 

特に任意整理の場合は債権者も1社や2社など少数に限定しての借金整理になり、ペナルティーも最小限で済むので、個人信用情報機関から事故情報が削除されると、すんなりクレジットカードを持てるようになる可能性は十分にあります。

 

このように債務整理をした直後は、場合によってはクレジットカードを保有したまま生活する事は可能ですが、再び利用できるのは全ての債務が完済して見合った収入がある場合のみとキチンとけじめをつけてから使用するようにしましょう。