債務整理の費用はいくらかかる?|相場が知りたい

母子家庭でも債務整理は可能であり、子供を引き取ってるにも拘わらず、慰謝料や養育費を元夫から十分に支給されていないケースが大変多いです。

 

母子家庭の場合、母親が働きに出ても得られる収入は限られるので、自己破産する方法が一番現実的になります。

 

母子家庭の場合、生活保護を受けて最低限の生活費の支給を受ける事も可能ですが、そのお金で借金返済に充てるのは禁止されています。

 

自己破産すると、一定期間は新たな借り入れが出来ないなどのデメリットが印象的ですが、免責を受ける事で債務を全額帳消しにできるという特長があります。

 

多重債務の心配がなくなる訳ですから、子供の養育費や他の生活費にも、自己破産後に得た収入で賄える事が可能になります。

 

ですから、出来るだけ子供が小さいうちに、自己破産手続きを始め、生活基盤をいち早く安定させる事が解決の早道になります。

 

自己破産決定後は、子供の将来の事を第一に考え、パートに出るなどして生活資金をコツコツ貯金していく事が賢明な道です。

 

母子家庭の債務整理を十分にサポートしてくれる法律事務所は多数あり、今は子連れで相談できたり、女性専用の電話窓口もあります。

 

そのような所を利用して、子供の為にも、精神的に楽になるためにも早めに相談するのがお勧めです。